エルグランド買取相場

買取と下取りで値段が違う訳

自動車は古くなっても残存価値があるため売ることができます。買い取ってくれるのは主にディーラーの下取りと車買取業者の買い取りになります。ディーラーに売る場合と車買取業者に売る場合とを比べると、一般的に車買取業者のほうが高く売ることができると言われています。その理由はどこにあるのでしょうか。

 

まず下取りという言い方をしているように、ディーラーは中古車を単純に買い取ってくれるわけではなく、新車を購入した際にそれまで乗ってきた中古車が不要となるので、それをサービスで下取りしてくれるわけです。その際には残存価値に見合った金額で下取りしてくれます。ただ、相場を超えるような高額な下取り額には通常なりません。下取りはあくまでもサービスであって、買取業者のように必死になって買い取ろうとすることはないからです。しかも、下取り手数料が10,000円〜15,000円程度発生するのでさらに安くなってしまいます。

 

それに対して、車買取業者は中古車を買い取ってそれを高く売ることで利益を上げています。そのため中古車を買い取ることができないと利益を上げることができないので必死です。特に、競合する他業者がいる場合は、目の色を変えて買い取ろうとしてくることも少なくありません。このようなときは完全に売り手に有利な状況となっているので、少し強気で交渉しても良いでしょう。

 

ただ買取業者としても、少しでも安く買い取った方が利幅を増やすことができるので、単独での査定の場合は相場並か下取り手数料がない分ディーラーよりは良いくらいの価格になってしまうこともありますので注意が必要です。そのため単独での査定は避け、複数の買取業者を競合するようにすることが大切です。複数に業者を競合させる方法として多くの人が利用しているのが一括査定サイトです。簡単な申し込みを行えば、サイト運営者から複数の提携買取業者に査定の依頼をしてくれるので簡単かつ効果が高いです。